育毛剤「REDEN(リデン)」の特徴と配合成分

REDEN(リデン)の特徴と配合成分
REDEN(リデン)は楽天リサーチで3冠を取得するなど楽天ランキング独占している人気の育毛剤です。

今はネットで簡単に育毛剤を購入することが出来る時代で周囲の人に知られずに薄毛を改善できるのが魅力と言えます。

そんな育毛剤REDEN(リデン)の特徴は天然由来の成分に拘り作られている点とリデンシルという新成分が配合されていて従来の商品とことなり全く別のアプローチにより薄毛対策が出来る点です。

そしてリデンシルの開発を手掛けたのがスイスで100年以上の歴史がある世界最大級の香料、化粧品メーカーのシボダン社のグループと言えます。

そんなシボダン社が長年のノウハウに基づき開発した育毛成分なので安全性と効果が保障されています。

リデンシルに含まれる成分と効果

ひと昔前の育毛剤は気休め程度といった効果のモノが多かったのですが、この頃は成分が良く効果を実感できる育毛剤が増えてきています。

その中の1つがリデンで、この育毛剤の最大の特徴は幹細胞にアプローチするリデンシルという新成分が配合されている点です。

ちなみにリデンシルという新成分をイチから作った訳ではなく、天然由来の成分であるセイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキス、グリシン、ピロ亜硫酸Na、酸化亜鉛を混ぜ合わせることで効果を最大限に引き上げた成分がリデンシルと言えます。

リデンシルの主成分はセイヨウアカマツ球果エキスとチャ葉エキスで、この2つの成分の相乗効果で頭髪を生成する元となる幹細胞にアプローチして発毛効果を促進する効果が期待できます。

個別の効果としてはセイヨウアカマツ球果エキスには主成分にDHQGが含まれていて、この成分が頭皮の奥の毛母細胞を活性にしてくれるので発毛に繋がります。

さらにチャ葉エキスは主成分のEGCG2が薄毛の原因を抱える頭皮に働きかけてくれます。薄毛の原因である頭皮の炎症を抑制する働きがあり、頭皮環境の悪化を改善し抜け毛を予防してくれます。

つまり発毛と予防の両方の効果により薄毛が進行している頭皮でも幹細胞が残っているなら発毛効果があると言えます。

リデンのその他の配合成分

リデンにはリデンシル以外にも薄毛改善効果がある成分がたっぷりと配合されています。

明日葉エキスには頭皮環境を良くする効果と血行促進作用があり、オタネニンジンエキスは毛母細胞の新陳代謝を高めて血行を促進してくれます。

さらにオウゴンエキスには薄毛の原因である5aリダクターゼを抑える効果と頭皮の抗炎化作用があると言えます。

他にもハッカ油には殺菌作用と抜け毛の原因であるストレス緩和、ルイボスエキスには頭皮の老化と炎症を予防する効果、あとセンブリエキスにはアンチエイジング効果と抗炎症、血流改善、毛母細胞分裂を促す働きがあると言えます。

Comments are closed